政府追悼式、来年で打ち切り=発生10年で首相判断―東日本大震災

時事通信 / 2020年1月21日 19時4分

政府は21日、東日本大震災が起こった3月11日に毎年開催してきた政府主催の追悼式について、発生から10年となる2021年を最後に打ち切る方針を固めた。被災地の一部から地元主体への切り替えを求める声が出ていたことを踏まえ、安倍晋三首相が自身の在任中に道筋を付けるべきだと判断した。1万5000人超の死者を出した未曽有の災害は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング