新型肺炎、香港でも陽性患者=武漢在住者、高速鉄道で入境

時事通信 / 2020年1月22日 22時12分

【香港時事】香港の衛生当局は22日、中国本土から高速鉄道を使って香港を訪れた男性(39)から、中国で多発している新型肺炎の陽性反応が出たと発表した。当局は「感染している可能性が高い」と述べている。男性は病院に隔離された。男性は発生地とみられる湖北省武漢市に住んでおり、21日夜に入境。香港メディアによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング