ベア回答、格差容認=春闘、業績ばらつきで―電機連合

時事通信 / 2020年1月23日 21時12分

電機メーカーの労働組合で構成する電機連合は23日、2020年春闘の基本方針案を発表した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)について、経営側の回答に格差が生じるケースを例外的に認める考えを初めて打ち出した。業績のばらつきが広がっているためで、電機大手の慣例だった「横並び回答」が崩れる転機となりそうだ。電機大手の労使はこれまで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング