CO2濃度、最大規模上昇へ=豪州森林火災も影響―英気象庁

時事通信 / 2020年1月24日 19時39分

【シドニー時事】英気象庁は24日、代表的な温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の世界の濃度が今年、過去最大の規模で上昇するとの見通しを発表した。人為的なCO2排出に加え、オーストラリアの大規模森林火災が影響するためという。現在も続く火災が地球温暖化を加速させそうだ。発表によれば、米ハワイ州マウナロアで観測されている大気中のCO2濃度は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング