患者急増、隔離追い付かず=武漢当局「1万人」に備え―中国・新型肺炎

時事通信 / 2020年1月25日 18時55分

【北京時事】1年で最も重要な節目の春節(旧正月)を迎えた中国では25日、新型コロナウイルスによる肺炎患者が1300人に達し、死者も41人に増えた。中でも発生地である湖北省武漢市の状況は深刻で、患者の急増に病院の受け入れ能力が追い付いていない。市当局は25日、国営メディアを通じて「市内の病院から追加徴用し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング