韓国、フランスも自国民退避=ロシア、感染阻止へ国境一部閉鎖―新型肺炎

時事通信 / 2020年1月28日 21時32分

中国湖北省武漢市を中心とした新型コロナウイルス感染による肺炎の拡大を受け、各国は武漢にいる自国民の退避支援など対策を本格化させている。日本や米国に加え、韓国とフランスが武漢へのチャーター機派遣を決めたほか、ロシアは対中国境の一部を2月上旬まで閉鎖する。韓国政府は28日、チャーター機計4便を30、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング