英、ファーウェイの5G参入容認=米主導の包囲網崩壊

時事通信 / 2020年1月28日 21時20分

【ロンドン時事】英政府は28日、国家安全保障会議(NSC)を開き、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)による次世代通信規格「5G」網への参入を容認すると発表した。非中核部品などに限定する。米国は機密情報が盗まれるとの懸念からファーウェイに対する包囲網を構築してきたが、「特別な関係」にある英国の離反で事実上崩壊した。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング