チベット人権法案を可決=対中制裁の規定も―米下院

時事通信 / 2020年1月29日 14時14分

【ワシントン時事】米下院は28日、チベット族の人権や信教の自由を擁護する法案を賛成多数で可決した。香港デモへの対応で中国をけん制する「香港人権・民主主義法」と、ウイグル族への弾圧に対応を求めるウイグル人権法案に続き、中国に圧力をかける狙いがあるとみられる。法案は、中国がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の後継者選定に介入した場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング