中国感染者、SARS上回る=6000人超、空白地帯消滅か―新型肺炎

時事通信 / 2020年1月29日 18時42分

【北京時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、国内の死者が132人に達し、感染者は6000人を超えた。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比べ、国内感染者数で既に上回り、当時の全世界の感染者数も突破する勢いだ。空白地帯だったチベット自治区でも感染が疑われる事例が報告され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング