景気、震災以来の「厳しい状況」=新型コロナでアベノミクス腰折れ―3月の月例報告

時事通信 / 2020年3月26日 21時14分

政府は26日発表した3月の月例経済報告で、景気全体の判断を「緩やかに回復している」から「厳しい状況にある」に下方修正した。「厳しい」との表現を使ったのは、日本経済が東日本大震災の影響から脱却し切れていない2012年7月以来となる。新型コロナウイルスの感染拡大が日本経済を強く下押ししている状況を考慮した。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の推進で第2次安倍内閣発足時の12年12月から始まった戦後最長とされる景気拡大は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング