「信頼関係、地に落ちた」=関電に企業統治強化を要求―福井知事

時事通信 / 2020年3月31日 11時55分

福井県の杉本達治知事は31日、関西電力の森本孝社長と県庁内で会談し、同社幹部らによる金品受領問題について「地元との信頼関係は完全に地に落ちた。どう打開して信頼回復するかを念頭において行動してほしい」と要請した。その上で原子力事業のガバナンス(企業統治)の強化や工事発注の透明性確保を求めた。関電は30日に経済産業省へ業務改善計画を提出。森本社長は「すべてを真摯(しんし)に受け止め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング