自殺職員の過重労働放置=当時の署長を懲戒処分―東京消防庁

時事通信 / 2020年3月31日 21時59分

昨年12月に自殺した職員の過重労働を放置していたとして、東京消防庁は31日、当時上司だった前牛込消防署長の男性消防監(56)=人事部付=を戒告の懲戒処分とした。前署長は「ご遺族に対し大変申し訳なく思う」と話しているといい、同日付で依願退職した。同庁によると、自殺したのは牛込署に勤務していた40代の男性消防司令。昨年10月以降、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング