河井前法相、首長に現金持参か=大竹市長が明らかに―広島地検

時事通信 / 2020年4月1日 10時51分

自民党の河井克行前法相(57)の妻、案里参院議員(46)=広島選挙区=陣営をめぐる選挙違反事件で、広島県大竹市の入山欣郎市長は1日、克行氏が昨年7月の参院選前に自宅を訪れた際、現金が入ったとみられる封筒を持参していたことを明らかにした。市長は広島地検による任意聴取でも同様の話をしたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング