小4女児虐待死、父親が控訴=懲役16年判決に不服―千葉地裁

時事通信 / 2020年4月1日 11時48分

千葉県野田市の自宅浴室で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われ一審で懲役16年の実刑判決を受けた父親の勇一郎被告(42)が控訴していたことが1日、分かった。控訴は3月31日付。一審千葉地裁では、心愛さんが児童相談所に一時保護されるきっかけとなった傷害の有無などが争われた。弁護側は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング