老舗ビアレストラン破綻=レバンテ、小説「点と線」の舞台―コロナ影響

時事通信 / 2020年4月1日 14時54分

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京・有楽町の老舗ビアレストラン「レバンテ」の運営会社(中央区)が3月25日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債額は調査中。競争激化で厳しい経営が続く中、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い客足が急減し、25日に閉店した。レバンテは1947年創業。工場直送の生ビールやカキ料理で知られるビアレストランの草分けで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング