「明治牛乳」店頭販売終了=戦前から92年、給食でもおなじみ

時事通信 / 2020年4月1日 20時30分

1928(昭和3)年の発売以来、戦前戦後を通じて92年間、日本人に親しまれた「明治牛乳」の店頭販売が終了する。製造元の明治は小売り向けで主力に育った「おいしい牛乳」を柱に「商品の選択と集中」(広報)を進めており、学校給食や銭湯などでおなじみの同社最古の牛乳が姿を消す。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング