テルモ、人工心肺装置の増産着手=新型コロナで需要急拡大

時事通信 / 2020年4月2日 16時44分

医療機器メーカーのテルモは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、重症肺炎患者の治療に使う人工心肺装置の増産に着手した。同社が2日、明らかにした。需要の急拡大に対応できるよう、生産計画を前倒しして増産を進める。人工心肺装置は、体外式膜型人工肺(ECMO、エクモ)とも呼ばれる。患者の心臓と肺の役割を果たす装置で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング