原油急騰、過去最大の上げ=主要産油国の減産期待で

時事通信 / 2020年4月3日 7時43分

【ニューヨーク時事】2日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、主要産油国による減産期待から急騰した。米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)は前日比5.01ドル(24.7%)高の1バレル=25.32ドル。ロイター通信によると、1日の上昇率としては過去最大。サウジアラビアの実権を握るムハンマド皇太子は2日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング