米雇用、9年半ぶり減少=失業率は4.4%に大幅悪化―3月

時事通信 / 2020年4月3日 21時56分

【ワシントン時事】米労働省が3日発表した3月の雇用統計によると、景気動向を示す非農業部門の就業者数は季節調整済みで前月から70万1000人の減少となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い企業が雇用を削減。リーマン・ショック後の2010年9月(6万5000人減)以来9年半ぶりにマイナスに転じた。失業率は4.4%と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング