セブンとローソン、21年2月期の業績予想見送り=コロナ影響の算出困難

時事通信 / 2020年4月9日 21時31分

流通大手のセブン&アイ・ホールディングスとローソンは9日、2021年2月期(今期)の連結業績予想の公表を見送った。新型コロナウイルスの感染拡大による業績への影響の算出が難しいためだ。政府の緊急事態宣言などに伴い、経済活動は停滞。事業の先行きは一層不透明となっている。セブン&アイの井阪隆一社長は電話会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング