産油国、過去最大の減産=日量1000万バレルで合意

時事通信 / 2020年4月10日 7時1分

【ロンドン時事】石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は9日、テレビ会議で緊急会合を開き、過去最大となる日量1000万バレルの減産で合意した。新型コロナウイルスの影響で原油需要が急減する中、供給量を大幅に減らして原油価格の押し上げを図る。欧米メディアが報じた。減産期間は5月1日から2カ月間。7月から年末までは800万バレル、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング