「日本も立場明確に」=安全法で香港民主派訴え

時事通信 / 2020年6月3日 19時15分

【香港時事】香港の民主活動家である黄之鋒氏と周庭氏、元立法会(議会)議員の区諾軒氏は3日、日本外国特派員協会を通じてオンラインで会見を行った。周氏は中国全国人民代表大会(全人代)が香港への導入を決めた「国家安全法」について「日本も中国政府に対して明確な立場を示してほしい」と強調。国際社会と共に反対の声を上げるよう訴えた。黄氏は香港で保障された「高度な自治」が損なわれることへの危機感を表明。「(国家安全法は)香港が保持してきた価値を侵害し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング