韓国地裁、日本製鉄に書類送達=資産売却へ手続き進む―元徴用工訴訟

時事通信 / 2020年6月3日 21時4分

【ソウル時事】元徴用工訴訟で賠償を命じられた新日鉄住金(現日本製鉄)の韓国内資産(株式)が差し押さえられた問題で、大邱地裁浦項支部が差し押さえ命令決定を同社側に知らせる「公示送達」の手続きを行っていたことが3日、分かった。資産売却に向けた手続きが進み、現金化に一歩近づいた形。公示送達は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング