JDI、純損失1014億円=スマホ用液晶不振―20年3月期

時事通信 / 2020年6月30日 20時44分

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が30日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が1014億円の赤字(前期は1065億円の赤字)となった。スマートフォン向け液晶パネル事業の不振が続き、6期連続の赤字。年明け以降は新型コロナウイルス感染拡大によるスマホ需要減少で売り上げは一段と落ち込んだ。21年3月期の売上高は前期比15~20%減を見込む。決算短信には事業継続にリスクを抱えていることを示す「継続企業の前提に関する注記」が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング