濁流の中、集落孤立=一面茶褐色、懸命の救助―九州大雨、陸自映像

時事通信 / 2020年7月4日 16時47分

九州の大雨で、陸上自衛隊は4日、熊本県内を流れる球磨川の氾濫による被災地の状況をヘリコプターから撮影した。映像からは、集落が広範囲にわたり、茶褐色の濁流の中で孤立している様子がうかがえた。屋根の上から手を振り、救助を求める住民の姿も確認された。ヘリは同県八代市から球磨川上流などに向けて飛行。映像では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング