深さ8~9メートル浸水か=球磨川沿い、国土地理院推定

時事通信 / 2020年7月5日 15時39分

九州南部を襲った豪雨について、国土地理院は5日までに、氾濫が起きた球磨川沿いの浸水推定図を公開した。熊本県球磨村では、浸水の深さが最大8~9メートルあったとみられる。最も深いと推定されたのは、球磨村のJR渡駅周辺で、川に近い田畑の辺りが深さ8~9メートルとされた。近くには入所者らが取り残された特別養護老人ホーム「千寿園」もあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング