元局長ら、無罪主張=「加点なくても合格」―文科省汚職事件・東京地裁

時事通信 / 2020年7月6日 17時26分

文部科学省の私立大支援事業をめぐる汚職事件で、受託収賄罪に問われた同省元科学技術・学術政策局長、佐野太被告(60)ら4人の初公判が6日、東京地裁(西野吾一裁判長)であり、4人はいずれも起訴内容を否認し、無罪を主張した。罪状認否で佐野被告は「点の加算がなくても息子は合格していた。賄賂は存在しない」と主張。「いくら自分の息子がかわいいとはいえ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング