国賓来日中止決議で賛否=中国にパイプの二階氏反発―自民

時事通信 / 2020年7月6日 21時37分

自民党外交部会などの合同会議は6日、中国が香港統制を強める「香港国家安全維持法」の施行を受けた党の決議について議論した。外交部会役員会は習近平国家主席の国賓来日中止を求める案をまとめていたが、中国に深いパイプを持つ二階俊博幹事長が反発。同日の会議では、決議案に対し賛否両論が出された。今後の対応は中山泰秀外交部会長に一任されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング