自民決議に「断固反対」=中国大使館

時事通信 / 2020年7月7日 22時55分

【北京時事】中国の在日大使館報道官は7日、自民党が中国の「香港国家安全維持法」を非難する決議をまとめたことについて、「中国の内政に対する乱暴な干渉であり、強い不満と断固反対を表明する」というコメントを発表した。報道官は「日本国内の一部の人は他国の内部のことに口出しし、政治的パフォーマンスをやっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング