米、トルコ政府の決定に失望=世界遺産アヤソフィア

時事通信 / 2020年7月11日 7時42分

【ワシントン時事】米国務省のオルタガス報道官は10日、声明を出し、トルコ政府がイスタンブールの世界遺産アヤソフィアをモスク(イスラム礼拝所)として運用すると決めたことを受け、「失望している」と表明した。報道官はアヤソフィアについて、「その豊かな多文化的歴史が認められ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産の重要な一部となっている」と強調。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング