改革派学者、免職処分受け入れ=「道徳的腐敗」責められる―中国

時事通信 / 2020年7月14日 16時11分

【北京時事】中国の習近平指導部を批判する文章を繰り返し発表し、今月北京市で警察に一時拘束された改革派学者の許章潤氏(57)が、清華大学法学部教授の職を「道徳的腐敗」を理由に解かれていたことが分かった。香港の公共放送RTHKが14日、許氏の話として伝えた。許氏は免職処分を受け入れる考えを示し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング