NY株、小幅続伸=コロナ感染再拡大が重し

時事通信 / 2020年7月14日 7時20分

【ニューヨーク時事】週明け13日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待で買われたが、米国での感染再拡大への懸念が重しとなり、小幅続伸にとどまった。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比10.50ドル高の2万6085.80ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は4営業日ぶりに反落し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング