食堂の総菜パンから指=従業員が誤って切断―ブラジル

時事通信 / 2020年7月14日 14時11分

【サンパウロ時事】ブラジル最大都市サンパウロで、食堂の総菜パンの中から人の指が見つかる騒ぎがあった。従業員が調理中に誤って切断したもので、食堂は営業停止処分を受けた。ニュースサイトG1などが13日伝えた。事件があったのは市北部の食堂。11日夜、客の少年が宅配注文した「エスフィハ」と呼ばれるひき肉などが詰まったパンを食べようとしたところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング