「全員陰性」の漁船で集団感染=洋上のミステリー―アルゼンチン

時事通信 / 2020年7月15日 6時50分

【サンパウロ時事】南米アルゼンチン南端に位置するティエラデルフエゴ州の保健当局は13日、沖合で操業していた漁船「エチゼン丸」内で新型コロナウイルスの集団感染があったと発表した。乗組員は全員、出航前検査で陰性が確認されていた上に、船は1カ月余り洋上で孤絶。感染源は謎で、関係者は首をひねっている。当局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング