米国務長官の中国批判を「糾弾」=北朝鮮、対中支持鮮明

時事通信 / 2020年7月15日 15時32分

【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は15日、ポンペオ米国務長官が南シナ海問題をめぐり、中国を強く批判したことに対し、「危険千万な反中国発言を厳しく糾弾する」と非難した。報道官は発言を「極めて不純な発想」と批判。「中国共産党に対する中国人民の信頼を落とし、共産党の国際的な威信を傷つけ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング