予備選主催者が「撤退」表明=中国圧力、身の安全懸念―香港

時事通信 / 2020年7月15日 19時32分

【香港時事】香港で9月に行われる立法会(議会)選挙に向け、民主派が11~12日に実施した予備選挙をめぐり、主催者の1人である元立法会議員の区諾軒氏が15日、予備選運営からの「撤退」を表明した。中国政府からの圧力によって「身の安全を確保できない」と説明している。区氏はこれまで、香港大の戴耀廷准教授と共に予備選を率いてきた。区氏はフェイスブックなどで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング