百貨店4社、3~5月期は軒並み営業赤字=コロナ休業が打撃

時事通信 / 2020年7月15日 21時9分

百貨店4社の2020年3~5月期決算が15日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた店舗の休業で、4社とも売り上げが激減し、営業赤字に陥った。赤字額が最も大きかったのは大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングの271億円(前年同期は127億円の黒字)で、百貨店の業績の落ち込みが鮮明となった。営業赤字額は高島屋が73億円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング