ドイツ外相、パイプラインで警告の米に反発=制裁「明確に拒否」

時事通信 / 2020年7月16日 22時32分

【ベルリン時事】ドイツのマース外相は16日、ロシアとドイツをつなぐ「ノルドストリーム2」などの天然ガスパイプライン計画をめぐり、米国が参加企業への制裁を警告したことについて「明確に拒否する」と強く反発する声明を発表した。マース氏は「欧州のエネルギー政策は、欧州が決める。ワシントンではない」と主張した。ポンペオ米国務長官は15日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング