ボストン爆破テロで死刑破棄=量刑審理差し戻し―米高裁

時事通信 / 2020年8月1日 14時58分

【ニューヨーク時事】米東部ボストンの連邦高裁は7月31日、2013年に起きたボストン・マラソン爆弾テロの実行犯でチェチェン系移民のジョハル・ツァルナエフ被告(27)に死刑を言い渡した一審の判断を破棄し、死刑に相当するかどうかをめぐる量刑審理を地裁に差し戻した。米メディアが報じた。被告側は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング