【ソウル時事】韓国外務省報道官は17日、菅義偉首相が靖国神社に祭具の真榊(まさかき)を奉納したことを受け、「深い遺憾」を表明する論評を発表した。論評では、菅内閣の発足をきっかけに、「日本の指導者が歴史を直視し、謙虚な省察と心からの反省を行動で示すことで、韓日関係の未来志向の発展の要求に応えること」を求めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング