【パリ時事】パリ近郊の中学校付近で16日、同校勤務の男性教師が殺害された事件で、フランス捜査当局は17日、容疑者の男がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が動機だったことをほのめかす文章をツイッターに投稿していたと明らかにした。仏メディアが報じた。AFP通信によると、検察当局は容疑者から押収された携帯電話を通じ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング