【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は18日、菅義偉首相の靖国神社への真榊(まさかき)奉納について「日本側が侵略の歴史を直視し反省するよう促す」と批判する談話を出した。談話の内容は、昨年10月の安倍晋三前首相の真榊奉納に対する報道官発言から変わっていない。[時事通信社]

トピックスRSS

ランキング