「受賞は作家としてのスタート」芥川賞で議論

読売新聞 / 2017年1月18日 23時4分

早稲田大の市川真人准教授と、芥川賞を取材してきた読売新聞の鵜飼哲夫編集委員が18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、19日に選考会が行われる芥川賞を巡って議論した。 市川准教授は受賞を宝くじに当たることに例え、「賞を取らないと仕事が来ないのではないかという恐怖から、作家が解放される」と話した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング