小平奈緒、500mと1000mで日本新記録

読売新聞 / 2017年2月26日 15時40分

スピードスケートの世界スプリント選手権第1日は25日、カナダのカルガリーで行われ、小平奈緒(相沢病院)が女子500メートルで36秒75、同1000メートルで1分12秒51と、いずれも自身の持つ日本記録を更新して1位となり、合計73・005点で総合トップに立った。 従来の日本記録は、それぞれ37秒13と1分13秒98。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング