東国原氏、百条委は「無意味だった」

スポーツ報知 / 2017年3月21日 8時0分

前宮崎県知事の東国原英夫氏(59)は、この日の百条委について「想定内の答弁ばかりで、無意味だった」と振り返った。「今後、新事実が見つかれば別だが、石原氏らに何を聞いても『記憶にない』、『覚えていない』という話しか出てこないだろう」と分析した。東国原氏は、石原氏らが様々な局面で事業を点検してこなかった責任についても指摘した。豊洲市場の土壌汚染対策費は当初の586億円から860億円となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング