「自殺考えた経験ある」…女性が男性上回る

読売新聞 / 2017年3月21日 13時16分

厚生労働省は21日、昨年10月に行った自殺対策に関する意識調査の結果を発表した。 自殺を考えた経験がある人は23・6%で、2012年の前回調査(23・4%)からほぼ横ばい。男女別では、女性(25・6%)が男性(21・4%)を上回った。 調査は、無作為抽出した全国の20歳以上の男女3000人の自宅を調査員が訪れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング