リカンベント運転の漫画家、死因は心筋梗塞

読売新聞 / 2017年3月21日 20時55分

奈良県 御所 ( ごせ ) 市の国道24号脇の歩道で昨年10月20日、顔から血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された大阪府守口市の漫画家 小路 ( しょうじ ) 啓之 ( ひろゆき ) さん(46)について、県警高田署は21日、死因は心筋梗塞だったと発表した。 現場近くに、あおむけに近い姿勢で乗る「リカンベント」型と呼ばれる小路さんの自転車が倒れており、同署は運転中に発症し、転倒した可能性が高いとみている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング