小林「大きな経験」、松田「ミスの怖さ知った」

読売新聞 / 2017年3月23日 18時15分

【ロサンゼルス=財津翔】WBC準決勝で米国に敗れた日本代表「侍ジャパン」の選手たちは22日、帰国前にロサンゼルス郊外の宿舎で取材に応じた。 米国戦で6回1失点と好投した菅野(巨人)は「間違いなく自分の人生で一番プレッシャーがかかる試合だった。負けてしまったが、自分なりに役割を果たせた」と収穫を手にした様子。その菅野とコンビを組んだ小林(巨人)も「人生の中でも大きな経験をした。小久保監督に感謝したい」と語った。 松田(ソフトバンク)は米国戦の八回一死二、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング