写真

ガンバ大阪は「公式戦における掲出物禁止」を発表した(画像はクラブ公式サイト)

サッカーJ1・ガンバ大阪のサポーターが、ナチス親衛隊のシンボルマークを連想させるフラッグを掲出したとして、クラブは2017年4月20日、謝罪するとともに「当事者が判明次第、厳正な対応を行います」と発表した。21日には、G大阪公式戦での「全ての掲出物禁止」も発表した。G大阪には過去に類似のケースがあったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング