警官、目の前の還付金詐欺見過ごす…百万円被害

読売新聞 / 2017年5月3日 0時13分

特殊詐欺の警戒中だった警察官が、携帯電話で話しながら現金自動預け払い機(ATM)を操作する女性を見過ごし、約100万円の被害が出たとして、大阪府警が女性に謝罪したことがわかった。 府警によると、今年1月、大阪府富田林市のATMコーナーで警戒中だった20歳代の男性巡査長に、70歳代の女性が携帯電話のかけ方を尋ねた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング